fc2ブログ
愛する人
- 2007/01/14(Sun) -
尊敬し愛する人…。父。
DSCF2428_1.jpg若かりし父。

1月12日は父の命日だった。

高校2年の私。

父が倒れる前日の深夜。
母も姉も妹も就寝。
私と父はテレビの映画を見ていた。
二人して大好きな”緋牡丹お龍”。
父は芋焼酎のお湯割りを飲みながら。
”S子にも、ちょっと頂戴。”
”ちょっとだけだよ。”

映画が終わる。
隣のへやから母の声。”Sちゃん、もう寝なさいよ”
父はメガネををちょっとだけ下げ、笑った。

それが、最後だった。
あの時の、父の顔は私の脳裏に焼き付いている。

いつも寡黙だった父。
仕事が休みの日には、読書か庭の池のコイを見ていた。

ドブで釣って来たフナを池に離すと
コイの質が下がるからって、その時だけは叱られた。

私が後悔してる事が一つある。

中学生の頃、
雪の日。

珍しく父と一緒の朝だった。

父が滑って転んだ。
私は他人のフリをした。
父親が疎ましい時期だったの。

これだけは今も謝りたい…。ごめんね、お父さん。


倒れて数日。
私の17才の誕生日、父は逝った。


だから、私の誕生日は、
特別、有り難うの日です。



スポンサーサイト



この記事のURL | 腹ぶるママ | CM(15) | ▲ top
| メイン |