スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ご無沙汰ですわ。
- 2009/06/19(Fri) -
DSCF1651_convert_20090619181255.jpg

ハイ!しゃんとしま~す!



スポンサーサイト
この記事のURL | 牡丹 | ▲ top
銀次
- 2009/06/08(Mon) -
やっと晴れた日曜日。

銀次の思い出と一緒に江ノ島へ。


江ノ島辺り、いつも人口密度が高いよねぇ。
渋滞覚悟で行ったものの…、ホント進まないわ。

どうしても6月7日、銀次の命日は江ノ島で過ごしたかった私。
2年前のあの日の事、
☆になる4日前の銀次の温もりを、でも、軽くなってしまった銀次を
思い出し感じた。
あの日と同じ、彼の車の助手席で…。



8年前に夫が亡くなり、4歳だった銀次は私の全てになった。
生前の夫と銀次と、よく江ノ島に行ったんだぁ。



数年後、彼と出会ったのも
銀次がきっかけ。





愛した者が手の届かぬ所へ行ってしまっても、

愛する気持ちが新たな愛を運んでくれる。





ホノボノ。

外人のマダム。
DSCF1603_convert_20090608195815.jpg


DSCF1605_convert_20090608212208.jpg
ニコニコ顔で撮影のダァーリン。(老夫婦)

こんな風に年を重ねたいな。



今も変らぬ過去の愛しい日々は愛しい現在に。



7日が終わろうとするその時
彼と私に
懐かしいあの遠吠えを聞かせてくれた。

そして銀次は
帰って行った。。。

この記事のURL | 腹ぶるママ | ▲ top
永久に…
- 2009/06/07(Sun) -
DSCF1544_convert_20090607001706.jpg 最後の後の爪と体毛。 


銀次http://yamome.blog53.fc2.com/blog-date-20070608.htm が☆になり、2年。

今日は命日。


ここ数日、銀次を感じる日々だった。

会いに来てくれた。

今も、隣に居る。

いつまでも愛してるよ、銀次。

又、遊びに来てね。

ありがとね、銀次。


DSCF1541_convert_20090607000358.jpg






この記事のURL | 銀次 | ▲ top
身体の神秘
- 2009/06/03(Wed) -
ミステリィーサークル!?

DSCF1451_convert_20090603215959.jpg

これ、な~んだ?







牡丹のオケツのマキマキ。
左右対称。

DSCF1459_convert_20090603220952.jpg

(牡丹のおケツの穴はデカイのでボカシました。)



頭から背中にかけて、筋…。

DSCF1455_convert_20090603221745.jpg


オヘソを中心に、筋…。

DSCF1463_convert_20090603221940.jpg




身体の中心、オヘソから

右と左に別れて毛が生えて、

おケツの右と左で交わってマキマキ?


で、顔まで上がって来て

お鼻の
DSCF1468_convert_20090603222107.jpg

この筋で、完結?



牡丹の身体で、妄想してます。

本当の所はどうなんでしょうか?

この記事のURL | 牡丹 | CM(6) | ▲ top
ガリガリ君
- 2009/06/02(Tue) -
我が家の冷凍庫の常連さん。

DSCF1408_convert_20090602171857.jpg

ガリガリ君

新しい味が出る度、チェック。

昔は8本に1本は"当たり”だったのになぁ。
最近はトンと。。。



♪ガリガリ君、ガリガリ君、ガリガリく~~~ん♪♪

DSCF1414_convert_20090602172823.jpg

ちょこっとだけど、味見組。




この記事のURL | 牡丹&椿 | CM(4) | ▲ top
天使と悪魔
- 2009/06/01(Mon) -
DSCF1407_convert_20090601164156.jpg


毎朝1.5~2時間の半身浴には欠かせない物だから、

我が家の本、特に文庫本はこんな姿になってしまう。

必ず、2度読み。

一度目は、結末が早く知りたいものだからサラァ~っと。
で、2度目にじっくり。

毎朝の事だから、本代節約も兼ねてね。

単行本は、何故かもう少し濡らさない様に気を使う。
同じ本なのに、ご免ね。って思いつつ……。

でも、全てBOOK OFFには持って行けません。


現在の再読本は
天使と悪魔(上中下)の下巻。




映画も見て来ました。

読んでてよかった。

予備知識が必要だわ。

現に、
原作を読まずに行った隣の席の彼りん、
いきなり爆睡してました。。。

まぁ、やっぱり原作の方が
私としては、面白かったしなっ。

(ダ・ヴィンチ・コードの時もそうだったの忘れてたわ。)


起承転結の
起から、予備知識ないとなんじゃこりゃ~!な感じだし、

結も、何故このような事をしてしまったのかも理解し難いと思うわ。

帰り道、彼りんに色々と解説。
原作読む?って聞いたら、絶対読まん!と申しておりましたわ。(負けず嫌い)


今朝もお風呂で、
再読の続き。

今まで、かってな想像上の人物設定で繰り広げられていた私の頭の中の光景。
(映画での主人公はトム・ハンクスだとは知っていたが、違和感がありまして。)
トム・ハンクスにリセット。

うぅ~~~む。

でも、映画のおかげで、頭の中の光景はリアル度はアップ。




DSCF1401_convert_20090601181123.jpg

映画の評価は、人それぞれですよ、かぁさ~ん。



DSCF1403_convert_20090601181531.jpg

ランチ後なのに、ポップコーンを瀑食いだったでしょ、かぁさ~ん。





我が家の天使と悪魔に
DSCF1396_convert_20090601184911.jpg 牡丹も一票。

("一票"。"天使と悪魔"絡みでございます。)

この記事のURL | 腹ぶるママ | CM(4) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。