スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
千の風
- 2007/10/28(Sun) -
10月が私にとって特別な月となり、7年目をむかえた。

7年も経ったんだね。
ついさっきの事の様に感じるのに。。。

あの頃、夜中の電話が恐かった。

信じてた。
私の居ない時に逝かない事を。最後の約束だったもんね。


2年間、しゃべる事も、歩く事も、口からご飯を食べる事も出来なかった。
唯一、ちょっとだけ動く右手で、私とおしゃべりしてた。

結節性多発動脈炎血管炎の難病です。
彼は脳の血管が犯されました。
だから、私の声が届いているかは定かでない。

そんな中、ちゃんと私の約束も私の声も聞いてくれた。

「いっぱい頑張ったんだから、もう頑張らなくていいよ。」


そして、夫は逝った。



命日。この日は雨だった。
6日前の七回忌の法要の日に供えたお花にカタツムリが。
DSCF5580.jpg

赤ちゃんカタツムリ。

。彼からのメッセージかな。。。


いつも見守っててくれて有難う。


私は優しい人と可愛い牡丹と、今を幸せに過ごしています。


銀次と見ていてね。ありがとう、愛しい人。
スポンサーサイト
この記事のURL | 腹ぶるママ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<ハロウィ~~~ン | メイン | ネボスケ Part2>>
コメント
--
優しい妹もいるじゃないかぁー(笑
2007/10/29 12:37  | URL | かときっち。 #-[ 編集] |  ▲ top

--
私も7年前の11月に大切な人が逝きました。
26歳という若さでした。
それはとても辛く悲しいあまり、今でもはっきり思い出せるほど。
もうこの世界では彼に会えないけど、
きっと天国から見守ってくれていると信じています。
よねっちさんの旦那様も銀次くんも見守ってくれているはずです。
また会えるその日まで、
胸張って笑顔で会えるようにお互い頑張りましょうね。
2007/10/29 13:51  | URL | ぶっさんママ #DDkKQ.oI[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/29 14:32  | | #[ 編集] |  ▲ top

--
私が家族の看護をしていたのは、10年前ですが
私もついこの前の出来事のように感じます。
私の場合、高齢だったので、覚悟を決めていましたが
よねっちさんは、辛い戦いの日々だったんだろうな・・・
って思います。
ご主人も銀次君もよねっちさんから愛情をいっぱい受けた事をわかっているから
よねっちさんの事を見守っていてくれているのでしょうね。
辛い事もあるかと思いますが、頑張って乗り越えてください。
2007/10/29 14:49  | URL | はなまるママ #R5Hl6NJ2[ 編集] |  ▲ top

--
虫は故人の思いを伝えてくれると言いますね。カタツムリのようにゆっくりゆっくり。でも
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6468&msgfull=y
2007/10/29 19:41  | URL | ベチママ #obWbQ39E[ 編集] |  ▲ top

--
天国の旦那様、カタツムリさんになって
よねっちさんに会いに来て下さったんですね。
そして、いつまでも銀次くんと見守ってて下さいますね。

2007/10/30 14:30  | URL | airi #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

--
★かときっち。どん
いつも感謝しておるよ~ん。
かわえぇかわえぇ。笑


★ぶっさんママさん
ぶっさんママも、辛い経験をされているんですね。
見守ってくれていると解っていても、無性に会いたくなる時がありますよね。触れたくなりますよね。

7年は区切りなのかな。今まで病気の姿の夢ばかりだったのに、最近、元気な彼の夢を見ました。
しかも、銀次を抱っこしてたの。
嬉しかったよ。

辛い経験をする事で、他人にも優しくなれるね。

ぶっさんママ、優しいもんね。
お互い、これからも笑顔で頑張りましょうねっ。


★はなまるママさん
彼が発病したのは、結婚して1年目。
その時、”普通の人より、寿命が短い事を覚悟しておいて下さい”と言われました。彼29才。
それから2年に1度の割合で入院でした。
でも、海外ロケ(某TV局のカメラマンでした。)で1年の半分以上、家にいなくて、ギリギリまで頑張って仕事をしていました。
好きな仕事を続けられて良かったねって思います。
そして、とうとう脳に。16年、病気との戦いでした。
私も少しづつ覚悟はしてました。

彼との思い出は愛しいです。
あんなにも人を愛する事が出来た事が幸せです。
あれ以上の辛さは無いと思う。
だから、私は大丈夫です。
いつも有難うございます。



★ベチママさん
"WALKING TOUR"、SNSでも拝見しました。
とっても泣けました。
わかっているんです。そうでなきゃって。

泣いたり、笑ったり。ぽっかり開いた心の穴は、少しづつ少しづつ小さくなりました。
今は・。この位。
頑張ってま~す。
何時も、素敵な詩、有難うございます。



★airiさん
銀次と二人で楽しくやってるんだろうなぁって、
ちょっぴり羨ましいです。笑

赤ちゃんカタツムリを発見した時はマジ感動しちゃったよ。
生きてる事に感謝ですね。
2007/10/30 16:41  | URL | よねっち #-[ 編集] |  ▲ top

--
ちゃんと銀次君は、迷わずパパのところへ行ってるんですね。
安心しました。
そして、会いに来てくれたんですね。旦那さん。
なんか、ジーンとしました。
2007/10/31 13:28  | URL | Wacco #-[ 編集] |  ▲ top

--
ここにいるよ。
そんな言葉が聞こえてきそうです。
きっと銀次くんと一緒に見守ってくれてますね。
よねっちさんの幸せを。
2007/11/02 20:58  | URL | ako #-[ 編集] |  ▲ top

--
★Waccoさん
お返事遅れてごめんなさい。

銀次と仲良く楽しくしてるんだと思います。
銀次はパパっ子だったからなぁ。(男好きとも言う…笑)

いつまでたっても二人の事を感じると、ジーンとしちゃいます。。。
(いつでも、どこでも泣いちゃう…、トホホな私で~す。)



★akoさん
銀次が星になった時、私の左肩が痺れてました。
”アッ、彼が来てる。銀次も一緒だ!”
そんな体験をしました。
いつも見守っていてくれてると…。

宝物です。辛い思い出も。
2007/11/05 15:32  | URL | よねっち #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamome.blog53.fc2.com/tb.php/138-7c382c07
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。